スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で作った宝物

4月の始め、アドウィン本社に遊びに来てくださったお客様がとっても大切な宝物をスタッフに見せてくださいました。その宝物とは、その方が中学生時代に初めて作った自動車の模型。プラモデルではありません。一つ一つの部品を工夫して集めて組み合わせた逸品で、50年近くずっと大事に保存されたその姿を我々スタッフはただただ感激しながら、見つめていました。少年時代の力作を見せてくださったその方は、世界中で愛されるライトウエイトオープンスポーツカーの開発者として成功されています。世の中に価値を生み出したその方のクルマ作りへのこだわりのルーツが、今も残るその小さな、しかし精巧な試作車にしっかり現れていました。

さて、アドウィンでは去る4月25日に、春の電子工作教室を開催、15名の参加枠に対して2倍以上の参加希望が殺到し、当日も大盛況でした。電子工作マガジン記者の四方田等氏が講師として丁寧に工作の手順を解説、また、はんだごてに初めて触れるという小中学生の皆様のためにはんだごてトップブランドのHAKKOの佐々木講師がはんだの起源からしっかりとレクチャーしてくださいました。
            講義

レクチャーの後は参加者それぞれ工作にチャレンジ。初めてのはんだ付けに苦戦しながら、回路に一つ一つ部品を取りつけて、ものづくりに集中。頑張って完成させるのは、トランジスタAMラジオ。使う教材はアドウィンで5月1日に発売開始の「キットで遊ぼう電子回路6石AMラジオ編」です。15人が一同に製作するラジオ、全員が同じようにうまく完成させられるだろうか、と実はアドウィンスタッフは少し心配しながらこの日を迎えていたのです。
20100425_g.jpg 20100425_f.jpg

しかし、工作開始から約2時間半も経つと、教室のあちこちからラジオの音と共に「聞こえた!」「できた!」の明るい声が!参加者全員ほぼ同じタイミングでラジオ完成です。夕方4時、ちょうどプロ野球巨人対カープの中継真っ只中。自分で完成させたばかりのラジオで早速カープの戦況を確認できました。(残念ながら、6連敗だったようですが・・・。)

これが初めて自分で作ったラジオです、と、このラジオを何年か、何十年か後に誰かに誇らしげに、或いは恥ずかしそうに見せる日が来たとき、彼らはどんなことを学び、どんな仕事をしているのでしょうか。貴重な試作車を見せてくださった前述のお客様のように、この自分で苦労して作ったラジオを大切にしながら、ものづくりへの熱い気持ちを育てていってもらいたいと思いました。

さておき、今回の電子工作教室では、何人かの参加希望の方にはお断りをせざるを得ない状況となってしまいました。若いうちにせっかく芽生えたものづくりへの関心や興味を摘んでしまうことのないよう、またこのような機会を作っていきたいと思っています。今後もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

参加者殺到!春の電子工作教室

3月下旬にアドウィンWebサイトで参加募集を開始しました「春の電子工作教室inアドウィン」。
4月に入ってから物凄い勢いで問合せが増え、既に定員の倍を超える応募に嬉しい悲鳴を上げています。
今から抽選で参加者を決定しますが、多くの方にお断りをしなければならないのが、なんとも心苦しいです…。

対象を「小学校高学年以上」としているので、親御さんのご一緒に参加されるお子様も当然多いのですが、大人の方からの応募も多くいただいています。中には、70代の方も!いくつになっても学びに時間を惜しまない向学心、見習いたいものです。

申し込み締め切りまであと少し、抽選に外れた方にも、せっかくの好奇心と意欲を無駄にしないよう、何かでフォローできればなあ、と考えています。

こんなワークショップなら参加したい、参加させたい、といったご意見、ぜひともお聞かせください!


春の電子工作教室

アドウィンでは、4月25日(日)に「春の電子工作教室」を開催します!
電子工作マガジンさんのご協力により、とうとう広島で開催が決まりました。講師は同誌の特集「チャレンジ電子工作大作戦」で楽しくわかりやすく電子工作のコツを展開する四方田等氏。電子部品の判別や取り付け方法をわかりやすくレクチャーいただく予定です。小学生のお子様でも親子で楽しんでいただける内容になっています。もちろん、大人の方にもお勧め。せっかくの機会なので、はんだごてメーカーの白光株式会社さんからも講師をお招きし、はんだ付けの実習指導も行います。基本の技能をしっかり身につけていただきましょう。

今回の電子工作教室で参加者の皆様にチャレンジしていただくのは、ラジオ作り。5月に発売を予定している「キットで遊ぼう電子回路シリーズNo.10 6石AMラジオ編」を一足早く教材として使っていただきます。
「6石ラジオ」の「6石」とは、トランジスタが6つ、ということ。今では懐かしい感じのするトランジスタラジオですが、アナログ信号処理を学ぶよい教材としてアドウィン商品の仲間入りです。
3月18日発行の電子工作マガジン最新号にはこのラジオの方式や製作手順を紹介していますので、今から予習できます。

この電子工作教室は既に各地で開催されていますが、中四国地方での開催は今回が初めて、ということで、早くも申込みいただいているご参加希望の方の中には四国地方の方も!嬉しいですね。
自分で部品をとりつけて一生懸命作ったラジオからの放送がどんなふうに聴こえるでしょうか。作る過程も出来上がった結果も両方楽しんでくださいね。




テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コンピュータ&ネットワークEXPO’09広島 速報

「コンピュータ&ネットワークEXPO’09広島」が11月11日(水)~13日(金)の3日間開催されます。
今日は会場初日、アドウィンも新商品の「らくらく電子実験ボード エレモ」のお披露目を兼ねて参加してきました。

EXPO会場


社内の管理システムやWeb運営のツールなどを紹介されているブースの多い中、実験ボードが手にとれる状態で置いてあるアドウィンブースは少し異色?のようで、多くの方が足を止めて下さいました。「ハンダ付けもしてあるの?」「安い値段で出すんだねぇ。」「昔は一つ一つの部品を自分で揃えなきゃいけなかったのに、ずいぶん親切にセットしてくれるんだね。」と、エレモのリーズナブルさ、ラクチンさに少し驚かれた方も多かったようです。

EXPOエレモ



また明日もたくさんの方にエレモで遊んでいただけるのを楽しみにお待ちしています!

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コンピュータ&ネットワークEXPO’09広島に出展!

来る11月11日(水)~13日(金)、広島市で開催される「コンピュータ&ネットワークEXPO'09広島」に、アドウィンも参加します。「進化するIT、新たなソフトウェアサービス」をメインテーマに開催される今回、アドウィンのブースでは次世代型ハイブリッド教育システム構想のご紹介に加え、新商品「らくらく電子実験ボード エレモ」を出品します。

「エレモ」は以前このブログでもご紹介した、マイコン実験のできる「エレクトロニック・モジュール」教材です。基本編から始まった人気商品「キットで遊ぼう電子回路シリーズ」も今やC言語やPICマイコンを学べるエディションまで揃いました。もっと進んだマイコン学習をしたい、できれば自分の好きな回路を自由に試したい、といった少し進んだ学習者の要望に応えられるように、生まれてきたのが、この「エレモ」です。学校や企業の予算で購入するような高額な実験キットがないと試せないような高度な実験も、必要なボードだけ揃えてできるリーズナブルなボードは、独習でスキルアップするのに最適です。好きなものを揃えてどんどん試してください。

「らくらく電子実験ボード エレモ」の商品情報はアドウィンWebサイトにも掲載されています。販売開始まであと少し、お待たせしますが、是非、皆さんのマイコン学習の味方にしてくださいね。
らくらく電子実験ボード エレモ

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

twitter
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。