スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三相交流実験装置開発状況

S社 吉岡さま
 こんにちは。私のブログを読んでいただき有難うございました。一人でも読んでいただけていることがわかり、大変嬉しいです。
そのため直接のお返事に加えて、お問い合わせの3相電源装置について少しお話させていただきましょう。
 3相電源について実験を行うためには3相の200Vの電源を確保することが必要です。でも3相200Vは危険です。しかも
どこでも設置されているわけではありません。
 昨年はAC100Vから作ろうとして試作基板を何種類もつくりました。しかし装置が大型になり、放熱板をどうするか、ケースをどうするかなど検討すると、高価になりそうなので中断していました。 

 現在まったく新しい発想でFPGAを使って開発したいと思っています。仕様は
1. 3相交流で周波数は50Hzと60Hzの切り替え (単相交流では1Hzから1KHzまで0.1Hz刻みで設定できるようにしましたが3相の場合はその必要が無いと考えました)
2. 発生電圧  これは実効値で3V程度で良いかなと考えています。高い電圧の必要な場合は別途に20Vから100Vくらいまで切り替えられる高圧発生ユニットをつけても良いなと思っています。
3. 何ができるか
  (1)3相交流の観測  
  (2)3相交流からの整流
  (3)3相のスター結線電源供給およびデルタ結線電源供給
      これにより相電圧、相電流、線間電圧、線間電流や有効電力・無効電力の意味が実験によって確認できる。また中性線には本当に  電流が流れないのかも確認できる。
   (4)出力電流 これは悩むところです。しかし大きな負荷は必要ないので0.5A位で良いかなと考えています。

価格的には本体は5万円以下に設定したいと考えています。大きさはA5の箱に入るくらい。出荷時期ですが機器単体を
今回のように先に発売開始し、続けてテキストと実験回路として発売したいと思います。遅くても夏までには出したいと思っています。 上記でご案内になったでしょうか? 価格帯はいかがでしょうか?
 吉岡さまとして、ご要望などがございましたら、是非お寄せください。大いに参考にさせていただきたいと思います。
今後とも、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

twitter
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。