スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社の存在意義と「種の旅のひみつ」

独立して会社を始めたごろ、会社の存在意義など考えることはなかった。家族を養う。経済的自立だけが常に頭の中にあった。自分で選んだ道だ、もう一度サラリーマンに戻るということを考えたことは一度もなかった。毎月の収益を確保する闘いの日々の連続だった(今も変わりがないが)。ある程度、軌道に乗ってから企業としての使命「革新的な教育システムの創造」ということを掲げるようになった。会社が存在するためには社会に「価値」が提供できなければ淘汰されてしまう。このようなことに気が付いたのもずっと後になってからだ。
 「種の旅のひみつを知ろう」というプロジェクトが最近完了した。「植物の種」は自力では移動できない。しかし子孫繁栄のために何とか遠くに散らばり勢力を拡大したい。で、タンポポのように風に運ばれたり、ヤシのようにはるか遠くの磯まで海流で運ばれたり、人の衣服について運ばれたり、鳥に食べて貰って運ばれたりする。これが種の旅だ。長い歴史の中で、植物も自分の形を変え、生き残り、進化いるわけだ。昨年の春、鳥取環境大学の足利先生から「子供夢基金」という財団にこのような「種の旅」について企画するので手伝ってくれないかというお話をいただいた。彼とはもう20年以上のお付き合いで、いろいろな理科教材の開発をしてきた。面白い、ユニークな素晴らしい先生だ。
 「賀露おやじの会」という集まりがあって、そこの清末先生や石黒さんなど「ものずき」「理科好き」「発明好き」のユニークな鳥取のおじさんたちが集結して活動している。ここが企画して、弊社が製作を受け持つという計画だ。足利先生の仕事は、いつも予算度外視で凝りに凝ってしまう。今回も予想通りだった。弊社のスタッフがすぐれたものを出すので、それならさらにこうしたいと欲が出てきて修正に修正を重ねるということになる。今回も、できたものは素晴らしい。是非皆さんにも見ていただきたい。と思ってこの文章を書いた。
 成果はhttp://www.karooyaji.org/seed/にある。
 企画、構想、撮影、編集、コンテンツ編集。さらにアドベンチャーゲーム。ゲームの中の自然は素晴らしい。K君が自分のイメージする世界をCGで作り上げた。
私もアイデア出しの段階で少しは参画したが、単なるメモ書きのものから、よくぞここまで具体化してくれたと思う。清末先生のフィールワークでのお話も素晴らしい。やはり、中身がある人の話は面白い。(工学の世界でもこのような語り部のものをいずれ作りたい)
 会社としては、相変わらず経済的な闘いを続けているし、今後も戦い続ける気概と覚悟はある。しかしこの営みの中で、このような作品を残せたということは「会社の存在意義」をさらに高めてくれたと感謝している。
今は「革新的な教育システムの創造」ということが自分に課せられた使命なのだと心から感じている。でも、こういう使命や会社の存在意義を感じられることは、それだけで実に有難いことだ。
スポンサーサイト
twitter
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。