スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーストマスターズクラブ2

※この記事はフェイスブックのノートから引用しています。
 第一回目の参加記事はこちら

昨夜(2月5日土)もトーストマスターズクラブに参加した。千葉にいる中国からの留学生崔すい君が広島に来るので参加しないつもりだったが、彼のためにも良い刺激かなと思い、弊社エース若手社員のみなお君も誘い、4人ででかけた。

今回は少しメンバーの変動があったが、新しい出会いが新鮮だ。参加した仲間のうち中学校の英語の先生が3人だった。通常の援護のレッスンと比べて良いのは英語のスピーチを主体に時間構成が組み立てられていることだ。6分間などの時間が設定されてその中で発表する。これには「Ahカウンタ」といって「えー」とか「あー」などの言葉を何回言ったかを数える役割の人、「タイマー」といって残り時間が3分、2分、1分とカードで示す役割の人などいくつかの「エバルエータ」の役割を仲間同士で分担する。難しいのはスピーチについての評価をするエバルエータや文法的な評価をするエバルエータ。例えば聴衆との「アイコンタクトがしっかりとれていました。」とか、「間の取り方や声の調子がやや平板ですからもう少しメリハリを研究してください」などの指摘を行ってくれる。

文法的には「******と表現していましたが、文法的には####が良いのではないでしょうか?」など。日本語のスピーチをする場合にも役に立つトレーニング方法だなと思ったら、今度もみじクラブという別のクラブでは、日本で初めてそれをやるそうだ。

学校にも、このようなトレーニング方法を取り入れたらよいと思った。広島市に4つ、呉市に1つ、岩国市に一つのトーストマスターズクラブがあり広島支部を作っているようだ。
私の参加しているのはここ。
世界センターはここ。
決まった先生がいて教えるのではなく会員相互で教えあうということなので会費も気にならないくらい安い。昨夜はココスで11時ころまで2次会?でトーキング。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

twitter
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。