スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PETの藤本社長が来社

株式会社パワー・エンジニアリング・アンド・トレーニングサービス(以下略称PET)の藤本社長PET_shacho.png
と藤本研修事業部長PET_bucho.png

に訪問いただいた。PETさんは中国電力のグループ会社で、技術研修事業,エンジニアリング事業,IT事業,環境ソリューション事業を行っておられる。技術研修事業に関しては、中国電力旧新宇部発電所の設備に加え,運転シミュレーター,種々の実習装置を使って、主に保守,運転技術者向けに研修事業をされている。中国電力の技術者だけでなく、国内外から研修生を受け入れておられる。
 昨年の10月に宇部にある中国電力火力発電技術訪問を見学させていただき、藤本事業部長さんに案内をいただいた。藤本社長も、研修事業を何かコラボレーションができないかと考えておられ、まずは弊社の業務内容や教材の視察にお見えいただいた。
 例えば教育用の発電プラントを企画して、東南アジアなどに販売できないだろうかという話をさせていただいた。PETさんの持たれている専門的なスキルを弊社が教育用パッケージとしてまとめて、販売するということだ。従来ハード設備の教育に当たっては専門家を半年とか1年とか派遣して技術を伝承するということがされてきているが、専門家が帰国すれば、指導者を失い、設備が休眠状態になることの指摘は、多くの分野で耳にする。発電プラントを正しく運転し、保守保全をしてゆくためには、広範囲にわたる基本的な技術が必要になるわけであり、それらの基本技術を明確化し、体系化し、教材化して伝承することは、とても有益なことと考えているので、どんな形でコラボができるか、今後も継続的に検討しましょうということになった。






 今回、弊社とのコラボレーションができないかと
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

twitter
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。