スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気の手ほどき その2    

皆さん、おなじみの乾電池について話をしましょう。一般的に乾電池は1.5Vですが、これを1000個つないだらどうなるでしょう。これは1500Vという高電圧が得られます。実際に命がけでやった人がいます。一個ずつ線材を乾電池にはんだでつけていったそうです。部下が誰もやりたがらないので自分がやったそうです。直列につなぐわけですから、端と端を持たなければ何の危険もないのですが、まかり間違えて両端に同時に触れたら、、、どうなるでしょうねえ。一口に感電といっても電圧でショックを受ける場合も流れる電流で障害を受ける場合がありますね。ドアノブに触れたときにビリっとくるのは電圧です。だけど流れる電流は大したことはないのでドアノブの静電気で死ぬことは無いと思います。電圧は、水の場合は水圧に置き換えてイメージすると良いです。極細の穴から高圧の水を出して、ものを切る装置が相当前から実用化されています。http://www.sugino.com/products/tech/wj/wjt02.html。 でもこの装置で使う水の量で消火作業はできませんね。消防車のホースから供給される水の量は流量といいます。ある決められた時間に流れる水の量です。電気では、これに相当するのが電流です。(続く)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

twitter
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。