スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理科離れ 全国統一学力検定 クリエイティブキッズ

今朝のニュースで中学生の学力テストで理科離れが話題になっていた。
この中で面白いことを解説の渡辺先生が指摘していた。
中学生の理科離れは中学2年の中ごろに登場する「オームの法則から」という指摘だ。これが引き金になって
受験の対策もあり、丸暗記式の学習を余儀なくされ、理科嫌いになるという構図らしい。
 電流と電圧の区別も分からない状態でオームの法則を教えるのは意味がないというのは私の持論だが、早く
対策を打ちたい。今、準備中だがクリエイティブキッズという新企画で、電気が面白くなり、電気を好きになり、電気に強くなる
教材を開発している。ボールを垂直に持ち上げ、最上部に達したら、それを転がす。そこからシューターやトンネルを経て再びリフターの最下部に戻るちょっとした装置だ。これを自動的に繰り返す装置を電気制御する。これで電気制御は面白いとさせ、それからリフターのパワーや速度などから電圧、電流のことを体感させる。オームの法則はそれから教えるべきだ。オームの法則は数学的には単純なので電気のイロハとして最初に教えられるが、これが従来の大きなミス。待っててくれよ、子供たち。
 参考までにNHKのWEBから学力テストに関する記事を転載します。81.5%から61.9%に。小学6年の子供たちが中学3年になったときに「理科がすき」と答えた割合です。残念です。

******************NHK NEWSWEB 2015年8月26日より転載**************************
理科は観察・実験の結果の考察などに課題

理科のテストは、科学技術人材の育成が課題となるなか、子どもたちの理科離れが指摘されていたことなどから学力を把握し授業の改善につなげようと3年前に全国学力テストに導入されました。ただ、3年前は抽出調査で、全員が対象となったのは今回が初めてです。テストでは、観察や実験の結果を分析し考察したり説明したりする力に課題が見られました。


設問3(6)

小学校で正答率が最も低かったのは、実験結果を見ながらものの溶け方の規則性を答える問題です。水100ミリリットルを50度に温めてから砂糖を溶かし、冷蔵庫で5度まで冷やすと容器の底に砂糖がたまっていたという想定で水の温度と砂糖が溶ける量の関係を示したグラフを参考に、溶けきらなかった砂糖は何グラムかを答え、その理由も記述します。正しく答えられたのは29.2%でした。


設問8(3)

中学校では、魚のえらの動きと水温との関わりを調べた結果を読み解き、適切な考察ができるかを見る問題の正答率が低く、48.1%で、4人に1人は無解答でした。文部科学省は学力テストに合わせて児童生徒や学校を対象にアンケートも行っています。
理科の指導方法とテスト結果を分析したところ、観察や実験など体験的な授業をよく行っている学校ほど正答率が高い傾向が見られました。また、3年前、抽出調査の対象となった当時の小学6年生は、ことしテストを受けた中学3年生です。3年前、小学生の81.5%は理科の勉強が好きと答えていましたが、中学生になった今回は61.9%に減っています。
文部科学省によりますと、学習に対する意欲が中学生で低下する傾向はほかの教科でも見られますが、理科は特に顕著だということです。文部科学省は「小学校では実験や観察など子どもが興味を抱くような体験的な授業が多いが、中学生になると物理や化学が加わり授業が難しくなっていくことから理科離れが起きているとみられる」と分析しています。

********************************************
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

twitter
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。